ニュース

アーカイブ | RSS |
 8月26日(土)、従業員とその家族を対象に夏休みパン体験教室を開催しました。このパン体験教室は、【会社】【従業員】【家族】の相互理解と従業員同士の親睦を深める事が目的で、今回が昨年に引き続き2回目の開催となります。弊社常務の阿藤をはじめ従業員14名と、その家族12名(お子様9名)が加わり、前回を越える総勢26名が参加するイベントになりました。
 当日は、1バゲット 2ベーコンエピ 3塩パン 4ウインナーロール 5メロンパン 6チョコデニッシュ 7焼カレーパンの7種類の成形を参加者全員が行い、昨年に比べアイテム数も2アイテム増えた事から会場は大騒ぎとなりました。従業員の皆さんも、焼カレーパンの成形やバゲットの成形に四苦八苦していました。子供達は皆、粉まみれになりながら、開発室 平岡室長のお手本を熱心に見入り、おじいちゃん・お父さん・お母さんと一緒に一生懸命パン作りに集中しました。
 今回のイベントで大いに親睦を図ることができ、皆々笑顔で両手いっぱいに自分の作ったパンを手にして帰路につきました。


8月27日(土)、従業員とその家族を対象に夏休みパン体験教室を開催しました。このパン体験教室は、従業員同士の親睦と、家族の仕事に対する理解を深める事を目的に、今回初めて開催いたしました。弊社社長の中井をはじめ従業員14名と、その家族9名(子供8名)が加わり、総勢23名が参加するイベントになりました。
当日は、教室が始まる前からお父さんやお母さんの職場の椅子に子供が座って記念撮影から始まりました。
当初予定していた(1)未就学児:ピザの成形とトッピング(2)小学生:バターロール・クロワッサン成形(3)中学生以上:メロンパン・あんパン成形でしたが、参加者全員がすべての成形に参加する事になり、会場は大騒ぎとなりました。
従業員の皆さんも、メロンパンの成形やバターロールの成形に四苦八苦していました。子供達は粉まみれになりながら、開発室 平岡室長のお手本を熱心に見入り、お父さん・お母さんと一緒に一生懸命パン作りに集中しました。今回のイベントで大いに親睦を図る ことができ、お土産は両手いっぱいの自分の作ったパンを手に帰路につきました。

このたび弊社は三重県フードイノベーション課様主催の「三重の食材を知る会VOL.2」に出展いたしました。
 昨年12月1日開催の「三重の食材を知る会VOL.1」に引き続き2度目の出展となります。2月17日に開催された「三重の食材を知る会VOL.2」も前回同様、伊勢安土桃山文化村が会場となり多くのお客様にご来場いただきました。
 当日は三重県産小麦「あやひかり」を100%使用した「伊勢の響」と「AJ−1」、同じく三重県産小麦「ニシノカオリ」を100%使用した「内麦粉NL」をご案内し、これらの小麦粉を使用したリングパイ、クロワッサンシェル、山型食パンをご試食いただきました。
 リングパイは表面が香ばしくホロホロと口どけが良い食感、クロワッサンシェルは桑名市特産のハマグリをイメージした一口サイズの甘いクロワッサンで食べやすく、山型食パンは表面やパンの耳がカリッとサクサクし中はしっとりとした食感で、何れも高い評価を頂いております。
 このたびのご提案が、ご来場いただいたお客様の新商品開発や、三重県食材アピールのお力添えになれば幸いです。
 最後になりますが、ご来場いただいた多くのお客様、そして出展の機会をいただいた三重県フードイノベーション課様に厚く御礼申し上げます。

(1) 2 3 4 5 »